五輪公式商品を47都道府県達成 303の伝統工芸品
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 展示された東京五輪・パラリンピック大会公式商品の伝統工芸品=15日午後、東京都中央区
 展示された東京五輪・パラリンピック大会公式商品の伝統工芸品=15日午後、東京都中央区 大会公式商品の加賀友禅マスクを着け、伝統工芸品を紹介する東京五輪・パラリンピック組織委の橋本聖子会長=15日午後、東京都中央区

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は15日、大会公式商品を全国の伝統工芸品で製作するプロジェクトで、全47都道府県の産品で商品化を達成したと発表した。大会エンブレムをあしらった商品数は303点に上る。価格が最も高いものは輪島塗(石川県)の宝石箱で約36万円。中間の価格帯は8千~9千円程度という。

 大会を通じて日本文化を広く発信する狙い。第1弾として東日本大震災で被災した東北3県(岩手、宮城、福島)の商品を2019年3月に発売した。順次追加し、今年2月に全国の商品が出そろった。

 橋本聖子会長は記者会見で「技術や文化、伝統も世界に知ってもらいたい」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事