平昌五輪代表の宇野ら調整 四大陸選手権きょう開幕
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 公式練習で調整する宇野昌磨=台北(共同)

 【台北共同】欧州以外の国・地域が参加するフィギュアスケートの四大陸選手権は24日に台北で開幕し、日本からは羽生結弦(ANA)を除く平昌冬季五輪代表が出場する。23日は男子の宇野昌磨(トヨタ自動車)田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)や女子の宮原知子(関大)坂本花織(シスメックス)が会場で調整した。

 25日にショートプログラム(SP)がある宇野は今季ミスが目立つ4回転トーループを中心に跳び、フリップやループの4回転も成功させるなど順調な仕上がり。田中は得点源の4回転サルコーが安定していた。

 女子は24日のSPに向け練習。宮原は連続3回転ジャンプを成功させた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事