Jリーグ、村井チェアマン再任へ 川淵氏以来の3期目
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Jリーグの村井満チェアマン

 3月に役員改選を控えるJリーグで、クラブ代表者などで構成する「役員候補者選考委員会」が村井満チェアマン(58)を再任する方針であることが23日、複数の関係者の話で分かった。

 新チェアマン候補はおらず、村井チェアマンが受諾して3期目に入れば、1991年から2002年まで務めた初代チェアマンの川淵三郎氏以来の長期体制となる。1月中にも臨時理事会を開いて続投が確定し、3月の総会で正式決定する。

 リクルート執行役員などを経て14年に就任した村井チェアマンはリーグの財政基盤強化などを課題に掲げ、16年には英動画配信大手と10年約2100億円の大型契約を締結した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事