IOC会長、7月来日は前半 6月も検討、五輪開催アピール
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 IOCのバッハ会長

 【ジュネーブ共同】国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が、7月23日開幕の東京五輪に向けて同12日にも来日することが分かった。準備状況を監督するコーツ調整委員長が五輪関係者に宛てた19日付の文書で明らかにした。新型コロナウイルスの感染再拡大で中止論が高まる中、具体的な来日計画を示すことで予定通りの今夏開催をアピールした形だ。

 バッハ氏は6月の来日も検討している。緊急事態宣言の影響で、5月の広島、東京の訪問は断念した。

 コーツ氏は、選手や各国・地域の国内オリンピック委員会などに向けた文書で、自身は6月15日に来日し準備に当たると表明した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事