スポニチが元記者を諭旨解雇 朝乃山と外出、口裏合わせも
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スポーツニッポン新聞社は11日、日本相撲協会がコロナ感染対策として協会員の外出を規制していた期間中に、大関朝乃山とキャバクラに通っていた東京本社編集局元記者(44)=東京本社付=について、10日付で諭旨解雇処分としたと発表した。

 同社は第三者の弁護士を中心とした調査を実施。元記者は事実隠蔽のために朝乃山に口裏合わせを提案し、協会による事情聴取に対して朝乃山が当初、虚偽の内容を述べていたことが判明したとした。「一連の行動が著しく倫理に反するだけでなく、感染防止の観点でも不適切だと判断した」と説明した。2人は2019年の北海道巡業の頃に親しくなったという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事