大谷6回1失点も4勝目ならず 二刀流で無安打
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ジャイアンツ戦に先発したエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)

 【アナハイム共同】米大リーグは23日、各地で行われ、エンゼルスの大谷はアナハイムでのジャイアンツ戦に「2番・投手」で投打同時出場し、6回を投げて1本塁打を含む6安打1失点、9三振2四球1暴投で勝敗は付かず、4勝目はならなかった。打っては3打数無安打、2三振だった。チームは延長十三回の末に3―9で敗れ、3連敗となった。

 ジャイアンツは2番で指名打者を起用。エンゼルスによるとア・リーグが1973年に指名打者制を導入後、交流戦でナ・リーグのチームのみが使用するのは史上初となった。

 秋山の所属するレッズは試合がなかった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事