ナミビア陸上女子2選手が基準超 テストステロン値で種目制限
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ナミビア・オリンピック委員会は2日、クリスティン・エムボマら陸上の女子2選手のテストステロン値が基準を超えたため、400メートルで東京五輪に出場できないと発表した。AP通信が報じた。18歳のエムボマは6月末にU20(20歳未満)世界記録で今季世界最高の48秒54をマーク。2人は200メートルに出場する意向という。

 世界陸連は男性ホルモンのテストステロン値が高い選手に対し、薬などで基準内に下げなければ400メートルから1マイルの女子種目で国際大会に出られないとの制限を設け、800メートルで五輪2連覇のキャスター・セメンヤ(南アフリカ)が対象となっていた。(共同)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事