サッカー、五輪へ合宿スタート 男子の日本代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 東京五輪に向けた事前合宿で調整する(右から)吉田、冨安ら=静岡県内

 原則24歳以下で争われる東京五輪サッカー男子に臨む日本代表が5日、静岡県内で事前合宿を開始し、冨安(ボローニャ)やオーバーエージ枠の吉田(サンプドリア)らが約1時間半、パスやシュート練習に取り組んだ。

 久保建(レアル・マドリード)ら一部選手は軽めの調整。6月に脚の付け根付近の肉離れを起こした上田(鹿島)はジョギングをこなした。

 12日にホンジュラス代表、17日にスペイン代表と五輪出場国と強化試合を行い、22日に南アフリカとの1次リーグA組初戦を迎える。森保監督は「金メダルに向かって挑んでいくという気持ちを強く持ち、チャレンジしたい」と意気込んだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事