五輪観客、上限5千人抽選案浮上 夜の開閉会式は無観客も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 東京五輪の開閉会式が行われる国立競技場

 東京五輪の観客数上限を巡り、新型コロナのまん延防止等重点措置が東京都などで継続された場合、政府の大規模イベント制限方針に準じた「定員の50%以内で最大5千人」とし、上限5千人で改めて抽選を実施する案が浮上していることが分かった。複数の関係者が6日明らかにした。

 5千人での抽選が実施できれば、チケット購入者が5千人を超えている大規模会場のセッション(時間帯)も無観客にせず、観客を入れられるようになる。今後、政府などと調整を進める方向だ。一方で午後9時以降のセッションは無観客とする方針で、国立競技場で実施される開閉会式は夜の時間帯のため観客を入れない見通し。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事