欧州スーパーリーグ構想で声明 3クラブ、方針を改めて表明
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サッカーの欧州スーパーリーグ構想を掲げるレアル・マドリード、バルセロナ(ともにスペイン)、ユベントス(イタリア)の3クラブが30日、合同声明を出し、新リーグ発足を目指す方針を改めて表明した。裁判所が欧州連盟(UEFA)による処分や懲戒手続きを無効とする決定を下したことを受け「今後はUEFAの脅迫を受けることなく前進できる」とつづった。

 欧州スーパーリーグは4月に3カ国の強豪12クラブが創設に合意したと発表したが、各方面の猛反発を受けて9クラブがすぐに撤退。UEFAは残る3クラブに対する処分を検討する懲戒手続きを開始したが、6月に中断していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事