マスクなし取材は「可能」 試合後選手に、IOC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京五輪の競泳米国代表マイケル・アンドルーが男子200メートル個人メドレー決勝の直後にマスクをせず取材に応じたことについて、国際オリンピック委員会(IOC)のアダムス広報部長は31日の記者会見で、新型コロナウイルス感染対策の規則集「プレーブック」に照らし「可能」との見解を示した。

 プレーブックでは、原則マスクの常時着用を求めているが、選手がインタビュー時にマスクを外すことを認めている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事