体操村上が銅、女子個人で初快挙 レスリング文田が銀、第11日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 女子種目別床運動決勝 演技する村上茉愛=有明体操競技場
 女子種目別床運動決勝 演技する村上茉愛=有明体操競技場 男子グレコローマン60キロ級の銀メダルを手にする文田健一郎=幕張メッセ

 東京五輪第11日の2日、体操は女子種目別決勝の床運動で村上茉愛(24)が銅メダルに輝いた。体操女子のメダルは1964年東京五輪団体総合の3位以来、57年ぶり2個目。個人種目では初の快挙となった。

 レスリングの男子グレコローマンスタイル60キロ級で文田健一郎(25)が銀メダルを獲得した。日本男子は52年ヘルシンキ五輪から参加した17大会連続のメダル。女子76キロ級の皆川博恵(33)は3位決定戦で敗れた。

 陸上は男子3000メートル障害決勝で三浦龍司(19)が日本選手過去最高の7位。女子5000メートルの広中璃梨佳(20)は14分52秒84の日本新記録で9位に入った。男子走り幅跳びの橋岡優輝(22)は6位で、日本勢37年ぶりの入賞を果たした。

 卓球は女子団体準々決勝で日本が台湾を破り、4強入りした。

 野球の準々決勝で「侍ジャパン」は延長十回、7―6で米国にサヨナラ勝ちし、4日の準決勝では韓国と対戦する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事