バド銅の渡辺・東野が報告 「富岡魂で頑張った」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 銅メダル獲得を福島県富岡町の山本育男町長(右)にオンラインで報告したバドミントン混合ダブルスの渡辺勇大、東野有紗組=6日午後、福島県富岡町

 東京五輪バドミントン混合ダブルスの渡辺勇大(24)、東野有紗(25)組(日本ユニシス)は6日、2人が出会った中学校のある福島県富岡町に、銅メダル獲得をオンラインで報告した。東野は「2人で『富岡魂で頑張ろう』と臨んだ。本当にうれしい」と満面の笑みを見せた。

 渡辺は「朝練は嫌いだったが、走りながら見る景色がきれいで、町の方々も温かくサポートしてくれた。町での経験がなければメダルを取れなかった」と感謝した。

 東野は北海道、渡辺は東京都から強豪・富岡第一中に進学。東京電力福島第1原発事故で避難を経験しながら、同中と富岡高でペアを組み、力を付けた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事