東京五輪の選手村が閉村 食事が好評、規則違反も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 東京五輪に参加した選手、関係者が滞在した東京・晴海の選手村。中国やポルトガルの国旗が掲げられたままになっていた=11日午後

 東京五輪に参加した選手、関係者が滞在した東京・晴海の選手村が11日、閉村した。既に海外選手団の出国のピークは過ぎており、閑散とした様子。出入りする車両はほとんどなかった。

 今後は24日に開幕するパラリンピックに向けて、選手らを迎え入れる準備を進める。

 選手村は臨海部にあり、選手らがSNSに食事やスタッフのサービスが良かったなどと相次いで投稿した。

 一方、観光目的で外出したジョージアの柔道男子の銀メダリスト2人が参加資格証を剥奪されるなど、「プレーブック」の違反事例があった。大人数で話しながら村内で飲酒し、警察が駆け付けるトラブルもあった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事