米国代表にワクチン接種義務付け 五輪とパラ、証明提示が必要
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ニューヨーク共同】米国オリンピック・パラリンピック委員会(USOPC)が22日、今後の五輪とパラリンピックの代表選手に対する新型コロナウイルスワクチンの接種義務付けを発表したとAP通信が報じた。職員や強化施設の使用者も対象で、11月から適用される。

 来年2月に開催される北京冬季五輪には240人前後の代表選手を派遣する見込みで、代表入りを目指す選手は12月1日までに接種証明の提示が求められる。免除の申請も可能になるという。

 同委員会の集計によると、東京五輪に派遣した600人超の選手のうち接種済みは約83%だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事