坂爪が男子1000準々決勝進出 平昌五輪ショートトラック リレーは5~7位決定戦へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
男子1000㍍予選 滑走する坂爪亮介(中央)=江陵(共同)

 平昌冬季五輪スピードスケート・ショートトラックの男子1000メートル予選は13日行われ、坂爪亮介(タカショー、太田工高出身)、吉永一貴(愛知・名古屋経大市邨高)が17日の準々決勝に進出した。坂爪は1組で救済措置を受け、吉永は2組で2着に入った。渡辺啓太(阪南大職)は3組3着で敗退した。

 男子5000メートルリレー予選に坂爪、吉永、横山大希(トヨタ自動車)、渡辺で臨んだ日本は2組4着となり、決勝進出を逃して5~7位決定戦に回った。(共同)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事