大橋悠依選手に最高栄誉賞 滋賀・草津、母校で贈呈
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 滋賀県草津市から市民スポーツ大賞の「最高栄誉賞」を贈られた、東京五輪競泳女子個人メドレー2冠の大橋悠依選手(右)=18日午前、同市の県立草津東高

 滋賀県草津市は18日、東京五輪の競泳女子400メートル個人メドレーと200メートル個人メドレーで金メダルを獲得した大橋悠依選手(26)に市民スポーツ大賞の「最高栄誉賞」を贈った。表彰式は母校の県立草津東高で行われ、市公認マスコットキャラクター「たび丸」が登場。首から金メダル二つを下げたたび丸の人形をプレゼントした。

 同校の生徒は大きな拍手で迎えて祝い、花束を贈呈。またこの日誕生日を迎えた大橋選手にサプライズで「ハッピーバースデートゥーユー」を歌った。

 大橋選手は「思い出のあるこの場所で表彰を受けられてとてもうれしい」と喜んだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事