明治神宮野球、花巻東が準決勝へ 九州国際大付も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 高知戦の6回、本塁打を放ちナインに迎えられる花巻東・田代(左端)=神宮

 明治神宮野球大会第3日は22日、神宮球場で準々決勝が行われ、高校の部は花巻東(東北)と九州国際大付(九州)、大学の部では中央学院大(関東1)が準決勝へ進んだ。

 花巻東は1―1の三回に3点を勝ち越すなど高知(四国)に6―2で快勝した。九州国際大付は同点の三回に大島のソロ本塁打で勝ち越し、日大三島(東海)に2―1で競り勝った。

 中央学院大は二回に4点を奪うなど打線がつながり、八回裏2死降雨コールドゲームで仏教大(関西1)を7―1で下した。中部学院大(愛知・東海・北陸)―神奈川大(関東2)は23日に順延となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事