佐藤綾乃選手らに金メダル授与 スピード女子団体追い抜きの4人
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
平昌冬季五輪スピードスケート女子団体追い抜きのメダル授与式で、金メダルを胸に笑顔の(左から)菊池彩花、佐藤綾乃、高木美帆、高木菜那の4選手=22日、韓国・平昌(共同)

 【平昌共同】平昌冬季五輪のスピードスケート女子団体追い抜きで優勝した日本の佐藤綾乃選手(21)=高崎健康福祉大=ら4人が22日、平昌五輪スタジアム近くの広場で行われた式典で金メダルを授与された。

 佐藤選手と高木菜那選手(25)、高木美帆選手(23)、菊池彩花選手(30)は手をつないで表彰台に上がった。日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長から金メダルを首にかけられると、にこやかな表情を浮かべた。

 21日の女子団体追い抜きの「金」で、日本選手団が獲得したメダルは11個となり、1998年長野五輪の10個を上回り、冬季五輪で史上最多となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事