W杯、日本がセネガルと対戦へ 連勝で決勝Tへ大きく前進
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 エカテリンブルクの試合会場でセネガル戦に向けた最終調整に臨む、長友(右端から5人目)ら日本イレブン。左から2人目は西野監督=23日(共同)

 【エカテリンブルク共同】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会第11日は24日、エカテリンブルクなどで1次リーグが行われ、H組の日本は、勝ち点3で並ぶセネガルと対戦する。2連勝すれば同組単独首位に立ち、2大会ぶりの決勝トーナメント進出に大きく前進する。

 国際サッカー連盟(FIFA)ランキング61位の日本は19日の初戦で16位のコロンビアを2―1で破る番狂わせを起こした。大会2カ月前に就任した西野朗監督が、日本としては初となる1次リーグ第1戦からの連勝を狙う。27位のセネガルは初戦で、8位のポーランドを2―1で下した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事