サッカー、異例のPK戦やり直し 天皇杯、名古屋―奈良クラブ戦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 パロマ瑞穂スタジアムで改めて行われた名古屋―奈良クラブのPK戦=28日午後、名古屋市
 パロマ瑞穂スタジアムで改めて行われた名古屋―奈良クラブのPK戦=28日午後、名古屋市 パロマ瑞穂スタジアムで改めて行われたPK戦で、奈良クラブに勝利した名古屋=28日午後、名古屋市

 サッカー天皇杯日本選手権2回戦の名古屋―奈良クラブで、主審の競技規則適用ミスで取り消しとなったPK戦が28日、名古屋市瑞穂区のパロマ瑞穂スタジアムで改めて行われ、6日のPK戦で敗れた名古屋が7―6で勝った。日本サッカー協会によると、天皇杯でPK戦のやり直しは史上初。観客にはメインスタンドが開放された。

 6日のPK戦では、奈良クラブの4人目が蹴る直前に不正なフェイントを入れた。競技規則ではキックの失敗とすべきだったが、主審が蹴り直しを命じ、この選手が成功。本来なら名古屋が勝っていた。副審も気付かず、7日に外部から協会に指摘があって発覚した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事