アジア大会で南北合同チーム結成 バスケ女子など3競技
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 南北合同チームの結成が決まり、手を取り合う(左から)韓国、大会組織委、北朝鮮の関係者=28日、ジャカルタ(OCA提供・共同)

 【ジャカルタ共同】アジア・オリンピック評議会(OCA)は28日、今夏のジャカルタ・アジア大会で韓国と北朝鮮が南北合同チームをバスケットボール、ボート、カヌーの3競技、6種目で結成すると発表した。ジャカルタで韓国と北朝鮮の国内オリンピック委員会代表者や大会組織委員会と協議し、決定した。

 OCAによると、バスケは5人制の女子のみで実施。ボートは男子軽量級かじなしフォアと軽量級エイト、女子の軽量級ダブルスカルの3種目、カヌーは「ドラゴンボート」として知られる男女のトラディショナルボートが対象となる。選手登録数は増やさず、各国との公平性を保つ方針。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事