バドミントン、桃田賢斗が決勝へ マレーシア・オープン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バドミントンのマレーシア・オープンは30日、クアラルンプールで各種目の準決勝が行われ、男子シングルスは桃田賢斗(NTT東日本)がスリカンス・キダンビ(インド)に2―0で快勝し、決勝に進んだ。

 ダブルスの女子は高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)がインドネシアのペアを2―0で下して決勝進出。男子は嘉村健士、園田啓悟組(トナミ運輸)と遠藤大由、渡辺勇大組(日本ユニシス)がともに勝ち、決勝は日本対決となった。混合の渡辺、東野有紗組(日本ユニシス)は中国ペアに敗れた。(共同)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事