バスケ男子日本、圧勝で突破 W杯アジア2次予選へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 日本―台湾 第3クオーター、ダンクシュートを決める八村=台北(共同)
 日本―台湾 第3クオーター、ダンクシュートを決める八村=台北(共同) 台湾に圧勝して2次予選進出を決め、タッチを交わす日本の選手たち=台北(共同)

 【台北共同】バスケットボール男子の2019年ワールドカップ(W杯)アジア1次予選は2日、台北で最終戦が行われ、B組の日本は台湾に108―68で圧勝し、2勝4敗の同組3位で2次予選進出を決めた。ファジーカス・ニック(川崎)が32得点と活躍した。

 1次予選は各組4チーム中、上位3チームが2次予選に進む。B組はオーストラリアとフィリピンが既に突破を決めている。

 12チームによる2次予選は9月に始まり、7チームがW杯切符を得る。日本は20年東京五輪の開催国枠が確定しておらず、日本協会は出場枠確保のため、W杯16強入りなどの実績が必要との見解を示している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事