W杯、日本の健闘に「仰天」 ブラジルのメディア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【リオデジャネイロ共同】勝者が準々決勝の対戦相手になるとあって、2日のサッカーのワールドカップ、日本―ベルギー戦はブラジルでも大きな関心を呼んだ。有力紙グロボのスポーツサイトは、日本が事前の予想を覆して健闘し「ベルギーを仰天させた」と驚きをもって報じた。

 同紙はベルギーが「黄金世代」と呼ばれる強豪チームなのに対し、日本は「勝ち点わずか4で、イエローカードの数(が少なかったこと)でセネガルを下し1次リーグを通過した」として「決勝トーナメントで最も技術の差が大きいと見られていた」と形容した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事