本田圭佑、代表引退を示唆 「これが最後のW杯」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 試合後、顔に手をやる本田=ロストフナドヌー(共同)

 【ロストフナドヌー共同】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会でベルギーに敗れた日本代表の本田圭佑(32)=パチューカ=が、2日の試合後に「これが僕自身にとって最後のW杯になる。4年後は考えられない」と語り、代表からの引退を示唆した。

 本田は2008年6月に代表デビュー。10年のW杯では2ゴールを挙げる活躍で16強進出の立役者となり、今大会でも1次リーグ第2戦のセネガル戦で同点ゴールを挙げるなど、W杯は3大会連続得点を記録した。国際Aマッチは98試合出場37得点。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事