錦織、7年連続初戦突破 ウィンブルドン、杉田敗れる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 男子シングルス1回戦 ポイントを奪いガッツポーズする錦織圭=ウィンブルドン(共同)

 【ウィンブルドン共同】テニスの四大大会第3戦、ウィンブルドン選手権第2日は3日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、男子シングルス1回戦で第24シードの錦織圭(日清食品)が世界ランキング198位のクリスチャン・ハリソン(米国)を6―2、4―6、7―6、6―2で下した。7年連続で初戦を突破し、2回戦でバーナード・トミック(オーストラリア)と対戦する。

 世界69位の杉田祐一(三菱電機)は168位のブラッドリー・クラーン(米国)に6―2、6―7、2―6、2―6で逆転負けした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事