テニス、大坂が2年連続2回戦へ 奈良は敗れる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 女子シングルス1回戦 モニカ・ニクレスクに勝利した大坂なおみ=ウィンブルドン(共同)

 【ウィンブルドン共同】テニスのウィンブルドン選手権第2日は3日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、女子シングルス1回戦で第18シードの大坂なおみ(日清食品)は世界ランキング61位のモニカ・ニクレスク(ルーマニア)を6―4、6―1で下した。2年連続で初戦突破し、2回戦で122位のケイティ・ボールター(英国)と当たる。

 奈良くるみ(安藤証券)は全仏オープン女王で第1シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)に2―6、4―6で敗れた。元世界1位のマリア・シャラポワ(ロシア)は初の初戦敗退となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事