楽天・銀次選手が岩手大会始球式 高校野球
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 第100回全国高校野球選手権大会への出場を懸けた岩手大会が6日、盛岡市の岩手県営野球場で開幕し、岩手・盛岡中央高出身で、プロ野球楽天の銀次選手が始球式を務めた。楽天によれば、現役プロ選手が高校野球で始球式を行うのは初めて。

 大役をこなした銀次選手は「自分も高校生のような気分になった。一球一球の重さをかみしめながら、熱い気持ちを持って戦ってほしい」とエールを送った。

 楽天からは宮城大会で今野龍太投手が、山形大会で栗原健太1軍打撃コーチがそれぞれ始球式を行う。銀次選手は「東北6県が一つになろうという意味も込めてだと思う」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事