東京五輪、重量挙げ7階級が決定 三宅の女子最軽量は49キロ級
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 国際重量挙げ連盟(IWF)は5日、タシケントで理事会を開き、2020年東京五輪で実施する男女各7階級を決めた。女子の三宅宏実が2大会連続でメダルを獲得した48キロ級を含めて16年リオデジャネイロ大会の男子8階級、女子7階級の体重区分から全て変更され、女子の最軽量は49キロ級となった。

 女子は他に55キロ級、59キロ級、64キロ級、76キロ級、87キロ級、87キロ超級。男子は、昨年の世界選手権で糸数陽一が2位となった62キロ級より1キロ減の61キロ級が最軽量。その他は67キロ級、73キロ級、81キロ級、96キロ級、109キロ級、109キロ超級となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事