テコンドー、2選手が出場できず 国際大会に、協会の手続きミス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本テコンドー協会は6日、8月にモスクワで開催される国際大会のグランプリに、同協会の手続きミスで出場を希望していた男子の鈴木セルヒオ(東京書籍)と女子の山田美諭(城北信用金庫)が参加できなくなったと発表した。同協会は「不手際で選手が国際大会に出場できない事態を生じさせてしまい、心からおわびする」とコメントした。

 強化委員が2選手の追加エントリーを要請するメールを送ったが、宛先から実際の手続きを行う事務局のアドレスが漏れており、相互確認も不十分で、期限までにエントリーを完了できなかった。大会には男子の松井隆太(日体大)のみが出場する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事