大学野球、日本はロシアに圧勝 世界選手権、台湾で開幕

 世界大学野球選手権は6日、台湾の嘉義で開幕して1次リーグが行われ、B組で東京六大学リーグ選抜の日本はロシアを15―0の六回コールドゲームで下した。一回に8点を先制し、伊勢(明大)ら3投手の継投で一人も走者を許さなかった。

 8チームが2組に分かれて1次リーグを行い、上位チームによる2次リーグで決勝出場チームが決まる。(共同)

関連記事
スポーツ > 全国のスポーツの記事