W杯、フランスが4強一番乗り 2―0でウルグアイ下す
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ウルグアイ―フランス 前半、先制ゴールを決め、駆けだすフランスのバラン。左はエムバペ=ニジニーノブゴロド(共同)
 ウルグアイ―フランス 前半、先制ゴールを決め、駆けだすフランスのバラン。左はエムバペ=ニジニーノブゴロド(共同) フランスに敗れ、肩を落とすウルグアイのスアレス=ニジニーノブゴロド(共同)

 【ニジニーノブゴロド共同】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会第20日は6日、ニジニーノブゴロドで準々決勝が始まり、5大会ぶりの優勝を目指すフランスが2―0でウルグアイを下し、準決勝に進んだ。3大会ぶりの4強入り。

 国際サッカー連盟(FIFA)ランキング7位のフランスは同14位のウルグアイから、前半にバランのヘディングシュートで先制。後半にグリーズマンが今大会3点目となるミドルシュートを決めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事