レスリング須崎、藤波ら代表入り 10月の世界選手権
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 女子50キロ級 入江ゆき(下)を攻める須崎優衣=和光市総合体育館

 レスリングの世界選手権(10月・ブダペスト)代表を決めるプレーオフは7日、埼玉で男女計10階級が行われ、女子50キロ級は昨年の世界選手権48キロ級女王で全日本選抜選手権優勝の須崎優衣が昨年の全日本選手権覇者の入江ゆきに6―4で勝ち、65キロ級の源平彩南とともに代表入りを果たした。

 男子のフリースタイルは74キロ級で藤波勇飛、70キロ級で乙黒圭祐と65キロ級で乙黒拓斗の兄弟が勝ち、92キロ級の松本篤史、97キロ級の山口剛、125キロ級の山本泰輝とともに代表入り。グレコローマンスタイルは63キロ級で遠藤功章、82キロ級で前田祐也が代表に決まった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事