バド、福島・広田組が決勝へ インドネシア・オープン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 バドミントンのインドネシア・オープン女子ダブルス準決勝、第1シードの陳清晨、賈一凡組と対戦する松本麻佑(左)永原和可那組=7日、ジャカルタ(ゲッティ=共同)
 バドミントンのインドネシア・オープン女子ダブルス準決勝、第1シードの陳清晨、賈一凡組と対戦する松本麻佑(左)永原和可那組=7日、ジャカルタ(ゲッティ=共同) バドミントンのインドネシア・オープン女子ダブルス準決勝、松友美佐紀、高橋礼華組と対戦した福島由紀、広田彩花組=7日、ジャカルタ(ゲッティ=共同)

 バドミントンのインドネシア・オープンは7日、ジャカルタで各種目の準決勝が行われ、女子ダブルスは福島由紀、広田彩花組(岐阜トリッキーパンダース)が松友美佐紀、高橋礼華組(日本ユニシス)を2―1で下した。決勝では松本麻佑、永原和可那組(北都銀行)と対戦する。松本、永原組は第1シードの陳清晨、賈一凡組(中国)を2―0で破って勝ち上がった。

 男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)はリー・チョンウェイ(マレーシア)に2―0で勝って決勝進出。ダブルスの井上拓斗、金子祐樹組(日本ユニシス)は台湾ペアにストレート勝ちした。(共同)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事