トランポリンW杯、岸が男子3位 女子シンクロ佐竹・土井畑組優勝
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トランポリンのワールドカップ(W杯)は7日、スイスのアローザで行われ、男子決勝でともに世界選手権代表の岸大貴(ポピンズ)が59・680点で3位、伊藤正樹(東栄住宅)が59・115点で4位となった。

 非五輪種目のシンクロナイズドで、女子の佐竹玲奈(アポロメディカル)土井畑知里(三菱電機)組が優勝した。(共同)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事