西日本豪雨、高野連が対応に苦慮 地方大会に影響
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 西日本豪雨は第100回全国高校野球選手権大会の出場を懸けた地方大会に大きな影響を与えている。先週末には近畿や九州を中心に多くの試合が中止。被害の大きい広島県などの高野連は対応に苦慮している。

 広島県高野連は7日に予定していた開幕を何度も順延。緊急会議で各地区の被害状況を集め、ライフライン復旧をめどに、最終的に17日まで遅らせた。久保陵二理事長は「日を追うごとに明らかになる状況は私たちの想像をはるかに超えている。日程はぎりぎりで、審判員など関係者に負担をかけることになってしまう」と悩ましげだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事