競走馬、キタサン弟に1・2億円 サラブレッド競り市、北海道
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 1億2500万円で落札された「シュガーハートの2018」(手前)=10日、北海道苫小牧市

 北海道苫小牧市で10日、国内最大のサラブレッドの競り市「セレクトセール2018」が開かれ、今年生まれたブラックタイド産駒「シュガーハートの2018」が1億2500万円で落札された。歌手の北島三郎さんがオーナーで、史上最多タイの中央G17勝を挙げて引退したキタサンブラックの弟。ネット関連会社DMM.com(東京)が購入した。

 セールは9日から2日間の日程で開かれた。落札総額は179億3200万円となり、6年連続で過去最高を更新。今年生まれた当歳馬と1歳馬計464頭が競りにかけられ、うち416頭で取引が成立した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事