南北合同チームに北から26選手 竹島入り統一旗使用を要請

 【ソウル共同】大韓体育会は10日、今夏のジャカルタ・アジア大会に関する記者会見で、3競技で結成する南北合同チームに北朝鮮から計26選手が入ることを明らかにした。聯合ニュースが伝えた。内訳はバスケットボール女子が3人、ボートが7人、カヌーが16人となる。

 李起興会長は開会式で実施する南北合同入場行進で、竹島(韓国名・独島)が入った「統一旗」を使用できるよう、アジア・オリンピック評議会(OCA)に要請したことも明かした。承認されれば、日本側の反発は必至だ。

 韓国として金メダルは65個の獲得を目指すと発表。

関連記事
スポーツ > 全国のスポーツの記事