水野氏が日大選考委と面談 アメフット、悪質反則問題
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 水野弥一氏

 悪質な反則問題があった日本大のアメリカンフットボール部新指導陣の公募に監督として推薦されていた元京都大監督の水野弥一氏(78)が12日、新体制の人選を進める外部有識者による選考委員会と面談した。水野氏は約1時間、自らの考え方について説明したという。

 水野氏は京大を強豪に育て上げて学生王者に6度、日本一に4度導いた実績を持つ。現在は立教大のシニアアドバイザーを務めている。日大OBからの要請を受け、既に選手の代表や保護者らに指導理念を説明する機会を設けたという。

 新指導陣の公募には外国人7人を含む69人の応募があった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事