新大関の栃ノ心が初黒星 御嶽海が6連勝で単独首位
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 玉鷲が小手投げで栃ノ心を破る=ドルフィンズアリーナ

 大相撲名古屋場所6日目(13日・ドルフィンズアリーナ)鶴竜が右肘を痛めて休場し、3横綱全員が不在となった。

 新大関栃ノ心は小結玉鷲の小手投げに屈し、初黒星を喫した。関脇御嶽海は平幕の正代を押し出し、ただ一人6戦全勝で単独首位に立った。

 かど番の両大関は豪栄道が阿炎を上手投げで退けて4勝目を挙げたが、高安は貴景勝に押し出されて2敗目を喫した。

 全勝の御嶽海を1敗で追うのは栃ノ心のほか、平幕の遠藤、千代大龍ら5人となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事