ラグビー、サンウルブズ敗れる 最終戦、レッズに
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 レッズ戦で突進を阻まれるサンウルブズのリーチ(中央)=ブリスベン(ゲッティ=共同)

 スーパーラグビー(SR)最終節第1日は13日、オーストラリアのブリスベンなどで行われ、日本チームのサンウルブズはレギュラーシーズン最終戦でレッズ(オーストラリア)に27―48で敗れ、参入3季目を通算3勝13敗で終えた。レッズは6勝10敗。

 サンウルブズは前半、SOパーカーの2PGや28分の認定トライなどで途中まで13―14と競り合った。だが、37分にフランカーのカークが一発退場となると、前半終了間際にもトライを許して13―29で折り返した。後半もリードを広げられ、30分すぎから途中出場のCTB中村らが2トライを返したが及ばなかった。(共同)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事