ドジャース、監督の母が始球式 沖縄県出身

 ドジャース―エンゼルスは「ジャパンナイト」と銘打たれ、ドジャースのロバーツ監督の母で沖縄県出身の栄子さんが始球式を務めた。

 マウンドの手前から投じた山なりの球が捕手を務める息子のミットにノーバウンドで収まった。登板前は「わくわくしている」と話していたロバーツ監督。終わった後はがっちりと抱き合った。(ロサンゼルス共同)

関連記事
スポーツ > 全国のスポーツの記事