バドミントン、奥原ら決勝へ タイ・オープン

 バドミントンのタイ・オープンは14日、バンコクで各種目の準決勝が行われ、シングルスは女子の奥原希望(日本ユニシス)が米国選手に勝って決勝に進んだ。男子は常山幹太(トナミ運輸)がインドネシア選手を下して決勝に進出した。

 ダブルスの女子は高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)がタイのペアを下した。男子は園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)、遠藤大由、渡辺勇大組(日本ユニシス)が勝ち上がり、決勝で対戦することになった。(共同)

関連記事
スポーツ > 全国のスポーツの記事