ラグビー、サモアがW杯出場決定 8大会連続8度目

 【ハイデルベルク(ドイツ)共同】ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会予選の欧州・オセアニア・プレーオフ第2戦は14日、ドイツのハイデルベルクで行われ、世界ランキング17位のサモアが同29位のドイツに42―28で勝ち、8大会連続8度目のW杯出場を決めた。本大会1次リーグでは日本と同じA組に入る。A組はアイルランド、スコットランド、ロシアを含めて全5チームが確定した。

 プレーオフは2戦合計のホームアンドアウェー方式で争われ、サモアは第1戦に66―15で圧勝。第2戦は前半は14―15とリードされて折り返したが、後半に4トライを挙げて逆転勝ちした。

関連記事
スポーツ > 全国のスポーツの記事