山県は10秒13で優勝 陸上、男子100メートル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 山県亮太選手
 山県亮太選手 男子100メートル 10秒13で優勝した山県亮太(中央)=リエージュ(共同)

 【リエージュ(ベルギー)共同】陸上の国際大会は18日、ベルギーのリエージュで行われ、男子100メートルは6月の日本選手権覇者、山県亮太(セイコー)が10秒13で優勝した。追い風0・2メートルのレースで、ジャカルタ・アジア大会の日本選手団主将を務める山県は序盤から飛び出し快勝した。

 男子110メートル障害は増野元太(ヤマダ電機)が13秒59で1位、金井大旺(福井県スポーツ協会)は13秒73で3位。女子100メートル障害では木村文子(エディオン)が13秒15で3位となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事