渡辺会長をIOC委員に推薦 10月の総会で正式決定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 国際体操連盟の渡辺守成会長
 国際体操連盟の渡辺守成会長 IOC理事会後に記者会見するバッハ会長=20日、スイス・ローザンヌ(共同)

 【ローザンヌ(スイス)共同】国際オリンピック委員会(IOC)は20日、スイスのローザンヌで開いた理事会で、国際体操連盟(FIG)の渡辺守成会長(59)を新委員として推薦することを決めた。10月のIOC総会(ブエノスアイレス)で正式決定を諮る。

 渡辺氏はアジア人初のFIG会長で五輪実施競技の国際競技連盟では現在、日本人で唯一のトップ。選出されれば、日本人のIOC委員は日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長と合わせて2人となる。IOCとのパイプが増えることで、2020年東京五輪の成功に追い風になりそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事