イニエスタがJデビュー 神戸に新加入の世界的名手

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会スペイン代表でJ1神戸に新加入したMFアンドレス・イニエスタ(34)が22日、神戸市のノエビアスタジアム神戸で行われたJ1第17節の湘南戦の後半途中に交代出場、日本デビューした。約2万6千人の大歓声の中でピッチに立ち、好機を演出して見せ場もあったが、試合は神戸が0―3で敗れた。

 イニエスタはスペイン1部リーグで世界屈指の強豪クラブ、バルセロナの中心選手として活躍した名手。代表では2010年W杯南アフリカ大会で母国の初優勝に貢献した。神戸と推定年俸約30億円の大型契約を結んで来日し、注目を集めていた。

関連記事
スポーツ > 全国のスポーツの記事