ラグビー7人制、日本は敗れる W杯で15、16位決定戦へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【サンフランシスコ共同】ラグビー7人制のワールドカップ(W杯)最終日は22日、米サンフランシスコで行われ、男子の日本は13~16位決定予備戦でロシアに20―26で競り負け、ケニアとの15、16位決定戦に回った。

 日本は序盤から3連続トライを許すなど5―19で前半を折り返した。後半は17―19まで追い上げ、PGを決めて1点をリードしたが、終盤にトライを許して逆転された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事