ラグビー日本、ケニア破り15位 男子7人制W杯最終日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ケニア戦の前半、突進する日本の小沢=サンフランシスコ(共同)

 【サンフランシスコ共同】ラグビー7人制のワールドカップ(W杯)最終日は22日、米サンフランシスコで行われ、男子の日本は13~16位決定予備戦でロシアに20―26で競り負けたが、続く15、16位決定戦でケニアに26―14で勝ち、15位で大会を終えた。決勝はニュージーランドがイングランドに33―12で勝ち、2大会連続3度目の優勝を果たした。

 日本はロシア戦で序盤から3連続トライを許すなど5―19で前半を終え、後半は2トライなどで追い上げ一時1点リードしたが、終盤にトライを許して逆転負けした。ケニア戦は後半に副島が逆転トライを挙げ、終盤にも1トライを重ねた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事